大阪・箕面の船場問屋街にある正真正銘の日本最大級の手織りじゅうたん売場です!
輸入元の倉庫を売場にしています。クリーニングも承っておりますのでご相談ください。

ホーム会社概要お問い合わせ


  • セール情報
  • マル得情報
  • コンセプト
  • 取扱い商品
  • クリーニング
  • アクセス
  • 仏宝座

    仏宝座の取扱商品をご紹介します。

  • ホーム
  • お問い合わせ

    クリックでメーラーが開きます。

大阪・箕面船場で、機械織ラグマットから、高級手織絨毯まで取り揃えている Ganzy[ギャンジィー]のクリーニングについて

末永くお使い頂く為に、定期的なクリーニングをお勧めします。

あなたの大切な絨毯、傷んでいませんか?
あなたの大切な絨毯、傷んでいませんか?

ご家庭でお使いになる絨毯は、長く使う事でどうしても食べくずやペットの毛などで汚れてしまいます。
ギャンジィーでは、こういった一見分かりにくい汚れや、ペットの臭い、傷みなどの修復を受け付けています。
お客様に末永く使って頂きたいからこそ、定期的なメンテナンスをしてみませんか?


無料お見積りします TEL:072-749-3201 午前10時~午後5時30分 水・木曜日定休
手洗い、機械洗浄、水切り処理
手洗い、機械洗浄、水切り処理などによって汚れを綺麗に取り除きます。なかなかお手入れが難しいペルシャ絨毯も、専門技術と洗剤で美しさが蘇ります。


シャーリング
絨毯の日焼けなど、通常のクリーニングでは取り除けない部分もシャーリングによって綺麗に戻ります。また、作業後はパイル表面が滑らかになります。


シミ抜き
シミ部分の色抜きや模様の色付けの処理で原型に近く戻す事が出来ます。


房植え
房の長さをそろえたり、新しく付け替えを行ないます。


コード処理1(準備)
古くなったコード部分を切り取ります。


コード処理2
新しくコードを縫い付けます。


シルク絨毯と末永く付き合うために

1.日々のお手入れ
一週間に一回程度、毛の流れに沿って、あまり力を
かけず掃除機をかけ、表面の汚れをとります。
2.汚れたら
汚れた絨毯の裏に乾いたタオルを下敷きして、30℃程度のぬるま湯(中性洗剤、できれば柔軟剤を入れて)で堅く絞ったタオルでたたく。これを、繰り返して汚れを中和して下さい。こするのは厳禁です。汚れが取れない場合はただちにクリーニングへお出し下さい。
3.半年から一年に一回のお手入れ
戸外で裏側から軽く棒で叩き、ゴミやホコリを叩きだし、裏側から掃除機をかけると良いでしょう。
4.クリーニングについて
シルクとウールではクリーニングの方法が違います。経験のない店では色落ちしたり、汚れ落ちが不完全だったりします。まずは、絨毯の専門店へご相談下さい。
シルク絨毯

ウール絨毯と末永く付き合うために

ウール絨毯
1.日々のお手入れ
一週間に一回程度、毛の流れに沿って掃除機をかけ、表面の汚れをとります。
買いたてのころは、毛が抜けるように見えますが「遊び毛」といって製造上でてくる不要なパイルです。欠陥品ではありません。
だいたい一ヶ月くらいで出なくなります。
2.月に一度のお手入れ
水溶性の汚れをとるためにバケツ六分目のお湯に、中性洗剤をキャップ1~2杯入れて、タオルにて固く絞り毛の流れに沿って雑巾がけをします。
(但し、ウールの場合に限ります。)
3.半年から一年に一回のお手入れ
戸外で裏側から軽く棒で叩き、ゴミやホコリをだし、裏、表に(毛の流れに沿って)掃除機をかけ、中性洗剤で雑巾がけをします。
(但し、ウールの場合に限ります。)
4.クリーニングについて
入念な雑巾がけをしていれば、15年くらいはきれいに保てます。クリーニングは絨毯の専門店にまず、ご相談下さい。クリーニング代は、ウールで1平方メートルあたり6,000円位から。
5.部分的な汚れは
市販のカーペットクリーナーを使います。
その場合は、必ず色落ちしないか確かめてからお使いください。

お問い合わせはこちらTEL:075-662-5355 午前10時~午後5時30分